基本情報

屋号
ファイヤード
Eメールアドレス
phiyard@gmail.com
拠点
東京都
業務内容
レスポンシブデザインでのウェブサイト制作
WordPressを使ったWebサイト構築
WordPressサイトのカスタマイズ
メディアサイト構築
電子書籍(EPUB3)制作補助・代行
業務形態
個人事業・フリーランス
主なスキル
HTML&CSSコーディング、CSSフレームワークを使った構築、WordPressサイト制作、WordPress拡張に耐える程度のPHPプログラミング、基本的なJavaScriptとjQuery、EPUB制作、ロゴデザイン

プロフィール

美術大学を志望するも、デッサンが出来なかったので、普通大学に進む。テクノロジーやインターネットとの付き合い方に悩む。そんな中、大学の「芸術祭」に、カンバスにGoogleのトップページを模写し検索枠を切り抜いた作品を出展する(今思えばただのデュシャンかぶれ)。何も手応えなく落ち込む。その後、大学を去る。

やっぱりデッサンに向き合わなくてはいけないと思って、手始めに新宿の朝日カルチャーセンターに3ヶ月通い、歳の離れた人たちに囲まれながらもデッサンをする(ヌード、野菜、花、ヌード)。それでも上手くならなかったのでほとんど諦める。その後、お金のかからないPC上でなら何かできるだろうと思い、プログラミングとWebデザインを始める。数年間、山にこもって修行をする。

ポートフォリオのプロジェクトが溜まってきたのと、生活が著しく困窮してきたのを境に、山から下りる決心をする。2015年1月に税務署に出向き、「Phiyard(ファイヤード)」という屋号で個人事業主としてスタートさせる。

ファイヤードの理念

Phiyard(ファイヤード)は、「ディジタルパブリッシング」を行います。なぜ、「ディジタル」なのかというと、基本的に、ディジタル(より正確には私が扱おうとするウェブ)は持たざる者の味方であると信じているからです。低予算で、小さく始められる。デジタルというのはあくまでも端緒に過ぎないけれども、端緒がなければ何も始まらない。そういう芽のようなものをディジタルで増やしていきたいと考えています。この考えはブログブームを過ぎ、SNSというものができてそれがレイトマジョリティーだらけになり、YouTubeに残虐な動画が投稿され、梅田望夫氏の『ウェブ進化論』が来年で刊行から10周年を迎えるという今になっても、まだ揺らいではいません。

Q&A

Q. 依頼するにあたって価格はどのくらいですか。

A.こればっかりはケースバイケースですので、上記メールアドレス宛にメッセージをお送りください。見積もり等は無料でいたします。

Q. 外注パートナーとして仕事を受け付けていますか。

A.はい。Eメールでご連絡ください。

Q. 背景の写真はどこの素材ですか。

A.写真が趣味というわけではありませんが、背景は自分で撮った写真を使っています。使われる写真は気まぐれで更新していきます。「前の写真より次の写真の方が新しくなければならない。動物が必ず写っていなければならない」というルールで選んでいます。過去のアーカイブは、クリエイティブ・コモンズ ライセンス「表示 - 継承 2.0 一般」の下、全てFlickrで公開されています